>

ダンボールはほぼ古ダンボールから作られる

ダンボールの原料はダンボール?

ダンボールは、きちんと分別されて回収された場合はほぼ100パーセントをリサイクルすることができ、日本では95パーセント以上の古ダンボールが回収されています。

ダンボールの90パーセントが古紙パルプから作られており、リサイクルの際にも薬品を使わず、水で繊維にできます。
その成分もパルプと天然素材の糊であるため、廃棄される際も自然に還り、地球温暖化の原因になる二酸化炭素を排出しません。
ダンボールは何度も再生でき、環境に優しい素材であるといえます。

ダンボールは汚れない限り何度でもダンボールに生まれ変わることができます。
また、ときには紙の筒など、ダンボール以外の製品になることもあります。
製造・リサイクル過程も他の古紙にくらべてシンプルであり、リサイクルに適した素材なのです。

ダンボールの再生過程

ダンボールのリサイクル過程について見ていきましょう。

まず、他の古紙と同じく「パルパー」と呼ばれる装置に入れてほぐされるのですが、ここでは薬品は使われず、水でほぐされていきます。
中に入ったゴミは、「クリーナ」「リファイナー」と呼ばれる装置にかけられたときに取り除かれ、また、一度ほぐした繊維はここで絡みやすくされます。
ダンボールはその後「ワイヤパート」で長いワイヤの上に均一に出され「プレスパート」という過程で紙の水分が圧しだされます。
「ドライヤパート」「カレンダ」「リール」という工程で乾燥させられなめらかになった紙は適切な幅に切り取られ、巻きなおされて「ダンボール原紙」になります。

ダンボールに再生される場合はダンボール原紙を波型にした後、表面と裏面に2枚のダンボール原紙を貼りあわせ、ダンボールシートに生まれ変わります。


この記事をシェアする

トップへ